(声)人工呼吸器、理解し意思持つ必要

有料会員記事

[PR]

 医師 笠間睦(三重県 62)

 「誰に人工呼吸器 重い判断」(18日本紙)を読みました。新型コロナウイルスの感染が拡大すれば、人工呼吸器などの医療資源が不足する事態も起こり得ます。その際、治療の差し控えや中止の判断はどう行われるべきか。11月に日本集中治療医学会などが出した提言は、患者の意思に基づ…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら