[PR]

 大形(おほがた)の被布(ひふ)の模様の赤き花

 今も目に見ゆ

 六歳(むつ)の日の恋

 (石川啄木)

    ◇

 被布とは、防寒のため着物の上にまとう襟元が四角の衣。恋のターゲットは「あの人」、つまりひとりの人格と思われているが、ほんとうは人格ではなくて、その声や仕草(しぐさ)、首筋の線や着物の…

この記事は有料会員記事です。残り66文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り66文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り66文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも