(経済気象台)銭湯への意義ある公的助成

有料記事

[PR]

 「銭湯図解」(中央公論新社)は、イラストレーターの塩谷歩波さんが東京を中心に全国24軒の銭湯の浴室を俯瞰(ふかん)図で精密に描いている。彼女は好きが高じて銭湯で働いているだけあって、絵はもちろん添えられた文章からも銭湯の魅力が伝わってくる。

 触発されて東京都世田谷区内の鶴の湯へ出かけた。1949…

この記事は有料記事です。残り581文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載経済気象台

この連載の一覧を見る