再委託比率の上限見送る 事後確認を強化 経産省検討会

有料記事

[PR]

 持続化給付金事業への批判を受け、民間委託のあり方について議論していた経済産業省の有識者検討会は25日、報告書をまとめた。費用の事後確認などチェック体制を厳しくするが、問題視されてきた再委託の比率については上限の設定を見送った。

 事業をめぐっては、経産省が手続き業務を一般社団法人サービスデザイン推…

この記事は有料記事です。残り772文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!