(経済ファイル)住宅着工戸数、17カ月連続減

有料記事

[PR]

 国土交通省が25日発表した11月の新設住宅着工戸数は、前年同月比3.7%減の7万798戸となった。前年実績を下回るのは2019年7月以来、17カ月連続。リーマン・ショック後の16カ月連続の減少を上回り、低迷が続いている。持ち家は1.5%増と16カ月ぶりの増加、貸家は8.1%減で27カ月連続の減少…

この記事は有料記事です。残り84文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る