(経済ファイル)ANA、賃下げが妥結

有料記事

[PR]

 全日本空輸(ANA)の労使が25日、社員の月例賃金を一律5%引き下げることで妥結した。1月支給分から実施する。すでに夏の一時金(ボーナス)は減額し、冬の一時金は支給を見送っている。一時金も合わせ、社員の年収は平均で3割減になるという。

 コロナ禍で航空需要が激減した影響で、ANAは業績が悪化し、人…

この記事は有料記事です。残り14文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!