[PR]

 現職の首相が事実と異なる答弁を繰り返し、国権の最高機関たる国会の審議が結果として虚偽をもとに進められた。国会をあざむき、「憲政史上の汚点」と指摘されても致し方ない事態をどこまで認識しているのだろうか。安倍晋三前首相の釈明を聞きながら、そんな思いを抱かざるを得なかった。

 第2次安倍政権時代、私は2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも