カンボジアの激動期、母の体験基に アニメ「FUNAN」ドー監督

有料記事

[PR]

 1970年代、クメール・ルージュ支配下のカンボジアで生き別れとなった親子を描く長編アニメ「FUNAN フナン」が、25日から公開中だ。仏生まれのドゥニ・ドー監督が母の体験を基に映像化した。

 3歳の息子と離ればなれになり、農村で過酷な強制労働に就く母の苦闘と悲しみを、美しい自然描写の中で際立たせた…

この記事は有料記事です。残り184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。