(この声、届いてますか コロナ禍の日本と政治:1)孤独 チャット越し、あなたの叫び受け止めて

有料記事

[PR]

 生きづらさを抱えている。日々苦しい。でも、相談できる人がいない。そんな孤独を、24時間365日のチャット相談が受け止め続けている。

 「生きる意味がみつからない。死にたい」

 「今から路上ライブ活動です。応援してほしくて」

 昨年12月の週末、午前0時過ぎ。パソコンの画面に次々と文字が現れてくる…

この記事は有料記事です。残り1982文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。