パリ協定採択5年、温室ガス「実質ゼロ」動き出す世界

有料会員記事

[PR]

 地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」が昨年12月、採択から5年を迎えた。その間、政府レベルの動きは停滞したが、企業や自治体、市民社会は、パリ協定が目指す脱炭素社会に向けて大きく動いた。2050年までに温室効果ガス排出の実質ゼロを目指す国は日本を含め120カ国・地域を超え、実質ゼロに向けた動きは加…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。