[PR]

 慈悲に満ちたこの菩薩(ぼさつ)像は、飛鳥時代の仏教彫刻の最高峰の一つとして知られる。左足を踏み下げ、ももに右足を乗せる半跏(はんか)の姿勢で、ひじをついた右腕の指先をほおに軽く添える。古拙のほほ笑みを浮かべて思惟(しゆい)する(考える)姿は自然体だ。奈良・中宮寺の本尊で、東北では初公開。被災地の宮…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも