(星の林に ピーター・J・マクミランの詩歌翻遊)いにしえの酒宴、制限あっても

有料会員記事

[PR]

 正月(むつき)立ち春の来(きた)らばかくしこそ梅を招(を)きつつ楽しき終へめ(『万葉集』巻5・815 紀男人〈きのおひと〉)

 Every year at New Year

 when the spring comes

 let’s enjoy drinking sake

 to our hear…

この記事は有料会員記事です。残り1051文字有料会員になると続きをお読みいただけます。