原発PR看板、伝承館で展示へ 「明るい未来のエネルギー」 福島・双葉

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発事故の前、地元の福島県双葉町に掲げられていた「原子力明るい未来のエネルギー」の標語の看板が、県の「東日本大震災原子力災害伝承館」(同町)に展示されることが決まった。事故後、原発推進の負の遺産として注目され、町が展示を求めていた。

 看板は、事故後に老朽化のため解体され、90セ…

この記事は有料会員記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。