(コトバと沈黙)思考奪う「呪い」の声、あふれる 自己と対話、沈黙が言葉を鍛える

有料会員記事

[PR]

 一人が話し出すと、もう片方のマイクが強制的にオフになる。昨年行われたアメリカ大統領選の、トランプ氏バイデン氏による討論会。超大国の次なる代表を見定めようと、世界中から注がれたまなざしは、そんな光景を見た。攻撃的な応酬が加速し、言葉が瞬時にあふれては消える時代を象徴する出来事だった。

 8年近く続…

この記事は有料会員記事です。残り1874文字有料会員になると続きをお読みいただけます。