(語る 人生の贈りもの)中西進:3 昭和モダン、フィルム缶に夢中

有料会員記事

[PR]

 ■国文学者・中西進

 ――1929(昭和4)年、東京西郊の旧高井戸町(現・東京都杉並区)の生まれですね。

 父新太郎は国の統計局に勤める官僚でした。いまの京王井の頭線にあたる鉄道の駅がすぐ近くにできると聞いて、家を建てたようです。実際はあてが外れましたが。

 中流のサラリーマンが、東京近郊の私鉄…

この記事は有料会員記事です。残り662文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る