入院・療養先、未定が急増 年末年始、東京3000人超 新型コロナ、専門家組織指摘

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が急増している東京都で、感染がわかっても入院先や宿泊療養先が決まらない人が年末年始に3千人を超えた。厚生労働省の専門家組織は6日、都内に限らず、首都圏や中部圏関西圏といった感染者が多い地域では「入院調整に困難をきたし、病床の転用など通常の医療への影響も見られる」として…

この記事は有料会員記事です。残り464文字有料会員になると続きをお読みいただけます。