(シネマ三面鏡)笑いは短く、あとは残響で

有料記事

[PR]

 NHKの連続テレビ小説「おちょやん」は女優の浪花千栄子(1907~73)が主人公のモデルになっている。彼女の出演作の中では、小津安二郎監督の「彼岸花」が一番好きだ。京都の旅館の女将役。娘の山本富士子とのとぼけた京都弁の掛け合いに何度も笑わされた。

 昨年始まった「おちょやん」は河内編、道頓堀編を経…

この記事は有料記事です。残り634文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載シネマ三面鏡

この連載の一覧を見る