(プレミアシート)「チャンシルさんには福が多いね」 作家の誕生、軽やかに

有料会員記事

[PR]

 どれだけその活躍が謳(うた)われようと、女性の映画監督はいまだ少数派。「女性監督」という言葉が無効になる日はまだまだ遠い。だが昨年日本でも公開された「はちどり」をはじめ、韓国では、インディーズ映画という小さな枠から女性監督の硬質な作品が続々と生まれている。

 「チャンシルさんには福が多いね」も韓国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。