(書評)『カズオ・イシグロと日本』『カズオ・イシグロ 失われたものへの再訪』

有料会員記事

[PR]

 ■二つの母語持つ「孤児」への道標

 二〇一七年ノーベル文学賞授賞式後の晩餐(ばんさん)会で「ノーベルショウ。その名を私は日本語で初めて耳にした」とイシグロは述べている。「母は私に語りました。ノーベルショウはヘイワを広めるためにつくられたものなのよ」

 日本語は「スコシダケ」しかできず、「英語を使っ…

この記事は有料会員記事です。残り1176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら