(書評)『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』 川端裕人〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■「正常と異常」分かち難い連続性

 色の区別や見え方は、多くの人にはことさら問うまでもない当たり前のものだろう。だが遺伝性の「色覚異常」とされる人々――日本人男性の5%、女性で0・2%――には、多数派との違いが社会生活上の壁として立ちはだかってきた。

 学校では色の点で描かれた文字を読み取る検査で…

この記事は有料会員記事です。残り784文字有料会員になると続きをお読みいただけます。