(Media Times)本の値段、税込み表示に悲鳴 カバー替えに費用、出版中小「ギリギリ」

有料会員記事

[PR]

 書籍の価格表示は現在、「本体○○円+税」といった消費税の金額を記さない表記が一般的だが、4月からは消費税込みの総額表示が義務化される見通しだ。書籍は息の長い商品が多く、カバーの掛け替えなどで膨大な費用と手間がかかるという懸念が広がる。出版界からは、現状の表記の維持を望む声が上がっている。

 商品…

この記事は有料会員記事です。残り1298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。