現金受領の県議、買収の趣旨否定 河井克行議員の公判

有料会員記事

[PR]

 2019年7月の参院選をめぐり、計100人に約2900万円の現金を配ったとして公職選挙法違反(加重買収など)の罪に問われた元法相で衆院議員・河井克行被告(57)の公判が8日、東京地裁であった。証人の渡辺典子広島県議(36)は「寄付金として(克行議員から現金を)受け取った」と述べ、現金提供は買収の…

この記事は有料会員記事です。残り349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら