(声)「春」経たチュニジアの今を思う

有料会員記事

[PR]

 日本語教師 宮内昭子(静岡県 73)

 連載「アラブの春10年」のチュニジアの記事(昨年12月21日1面)を読みました。約20年前、国際協力機構JICA)のシニア海外ボランティアとして2年間活動しました。ベンアリ大統領の統治下で思想や行動に規制が強く、平静を装う国民。各所に彼の肖像があり、エネル…

この記事は有料会員記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る