(著者に会いたい)『新作らくごの舞台裏』 小佐田定雄さん

有料会員記事

[PR]

手の内・極意、惜しみなく 落語作家・小佐田(おさだ)定雄さん(68)

 桂枝雀新作落語の会に通い詰めていた25歳のとき、枝雀の自宅に送った原稿用紙10枚ほどの台本が始まりだった。「幽霊(ゆうれん)の辻」。演じられるとは夢にも思っていなかったが、電話がかかってきて喫茶店で話すことに。「来月やりま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載著者に会いたい

この連載の一覧を見る