時短協力金、4万円を維持 宣言出ていない43道府県

有料会員記事

[PR]

 坂本哲志地方創生担当相は8日の閣議後会見で、新型コロナウイルス感染症対応の営業時間短縮要請に応じた飲食店への協力金の上限額について、緊急事態宣言が出ていない43道府県は当面、1店あたり1日最大4万円を維持すると発表した。年末年始の対応で11日まで従来の2万円から引き上げていたが、延長する。

 首都…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら