佳境の大河、覚悟と強さ携えて 芦田愛菜、「麒麟がくる」で明智光秀の娘役

有料会員記事

[PR]

 大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(NHK、日曜夜8時)は、2月7日に最終話を迎える予定だ。物語がいよいよクライマックスの本能寺の変へと向かっていく中、芦田愛菜が明智光秀の娘のたま役で出演している。16歳の俳優が感じた大河とは。また、光秀役の長谷川博己、織田信長役の染谷将太、羽柴(豊臣)秀吉役の佐…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。