(富永京子のモジモジ系時評)「社会のせい」にする勇気

有料記事

[PR]

 あまり認めたくないが、やはりハラスメントに遭っていたんだと思う。

 今から数年前のことになるが、ある研究会の運営委員会のメールが突然、来なくなった。要は「はずされた」のだ。事前に一切の連絡がなかったため、原因はわからないし、追及する勇気もない。その話をしたら、それはハラスメントでは、と同僚に驚かれ…

この記事は有料記事です。残り1106文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載富永京子のモジモジ系時評

この連載の一覧を見る