(大志 藤井聡太のいる時代)黎明編:1 快進撃の2020年、兆しは1月の対局に

有料会員記事

[PR]

 14歳でプロデビューして3年余り、藤井聡太二冠(18)=当時七段=は2020年を迎えた。19年末には、王将挑戦権をあと一歩で逃したものの、王位戦の予選を勝ち抜き、リーグ入りを決めた。新しい年に藤井がどんな活躍を見せるのか。その兆しを感じさせる対局が20年1月19日、名古屋市であった。

 舞台は第1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る