トミー・ラソーダさん死去 大リーグ、ドジャース元監督

有料会員記事

 大リーグ、ドジャースを20年以上率いた元監督、トミー・ラソーダさんが7日夜に心臓発作のため死去したと8日、球団が発表した。93歳だった。昨年11月8日に心臓の病気でロサンゼルス近郊の病院に入院し、年明けに退院して自宅へ戻ったばかりだった。

 左投げ投手だった現役時代は目立った成績を残せなかったが…

この記事は有料会員記事です。残り1207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。