(東日本大震災10年 3・11の現在地)異例の復興、重点どこへ 見直された地元負担ゼロ

有料会員記事

[PR]

 (1面から続く)

 「焼き場探してくれ」

 孫の遺体を軽トラックに乗せた男性が、火葬場を求めていた。

 東日本大震災直後の宮城県石巻市。亡くなった人があまりに多く、火葬の受け入れが追いつかなかった。

 住民の声を聞いた地元出身の安住淳・衆院議員は、秘書たちに他県の葬儀場へ電話をかけさせた。後に市…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。