金正恩氏が「総書記」に 北朝鮮、体制強化の狙い

有料記事

[PR]

 北朝鮮朝鮮労働党は10日、金正恩(キムジョンウン)党委員長を党総書記に推戴(すいたい)するとの決定書を採択した。総書記が復活するのは父の金正日(キムジョンイル)総書記以来。祖父の金日成(キムイルソン)主席も就いたポストで、2人の権威と並ぶことで「最高尊厳」としての地位をより固める狙いとみられる…

この記事は有料記事です。残り693文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。