小児の生体肝移植、コロナで受診減? 手術前の状態、悪化傾向

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染症の流行下で行われた子どもの生体肝移植について、移植が必要とされた患者の手術前の肝臓の状態が以前より悪化している傾向があることが、国立成育医療研究センター東京都世田谷区)の研究チームの調査でわかった。医療機関への受診控えが影響したとみており、「必要な医療を適切なタイミングで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら