スフィンクス題材、己の中の水底から問う 舟越桂が個展

有料会員記事

[PR]

 木彫で人間を表現することを追求してきた彫刻家の個展「舟越桂 私の中にある泉」が東京の渋谷区立松濤美術館で開かれている。

 舟越は創作する際、「自分の中の水の底に潜ってみるしかない」と、自身と向き合うことを貫いてきたという。「私の中にある泉」とはその姿勢を表したものだ。

 「観察によって 見えている…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら