エノチュウ、肉体がなせる驚異の職人技

有料会員記事

[PR]

 「エノチュウ」こと、現代美術家の榎忠(えのきちゅう)(1944年生まれ)は拠点の関西で高い人気を誇る。この展覧会は小ぶりながら、首都圏でこの特異な表現者の全容がほぼ分かる、貴重な機会だ。

 まずは1970年代のパフォーマンスの記録。70年の大阪万博のマークを日焼けでおなかに描いたり、髪や眉をはじめ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら