(破れたセーフティーネット:3)生活保護、受けたりやめたりの息子

有料会員記事

[PR]

 旋盤のうねる音が響き、塗料のにおいがうっすらと漂う。雑多な町工場が集まる路地裏に、その木工製作所はあった。

 大阪府八尾市のアパートで昨年2月、母(57)とともに遺体で見つかった息子(24)が、かつて働いていた仕事場だ。息子の名前を伝えると、社長(83)ははっきりと覚えていた。

 「まじめな子やっ…

この記事は有料会員記事です。残り812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。