(スポーツTOPICS)競技中の「盗撮」、神経とがらす主催者 写真拡散、法的対応に難しさ

有料会員記事

[PR]

 競技中の写真や動画撮影をやめさせようとして、大会主催者側が違法ではない無実の撮影者を締め出す例が出ている。性的興味の対象として、映像の一部がSNSで拡散されるのを防ぐためだが、対応は難しい。

 12月上旬、大阪府堺市の体育館であったレスリング男子の大学生の試合で、大会役員が、館内で撮影していた30…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら