(編集者をつくった本)「職業としての学問」 東京大学出版会・山田秀樹さん

有料会員記事

[PR]

 ■知の海、針路を示す灯台

 編集者になったのは、偶然に過ぎない。ただ、大学ではそれまでの勉強とは異なる学びに感化され、卒業後も知的なものに触れ続けたいと思っていた。『職業としての学問』は、そんな思いのなかで初めて読んだ。

 講演がもとになった100頁(ページ)に満たない作品ゆえ、簡単に読めると挑…

この記事は有料会員記事です。残り567文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載編集者(が/を)つくった本

この連載の一覧を見る