弱い命と「ケア」の営み見つめ 中村佑子さん「マザリング」

有料会員記事

[PR]

 現代美術の作り手と向き合うドキュメンタリーを手がけてきた映像作家の中村佑子さん(43)が、初めての著書『マザリング 現代の母なる場所』(集英社)を出した。自身の妊娠出産や育児、母親の介護といった実体験をもとに、人が人に寄り添う「ケア」の営みにかかわる人々に話を聞いた。私的体験と社会を見渡す視点を行…

この記事は有料会員記事です。残り536文字有料会員になると続きをお読みいただけます。