[PR]

 内閣府が14日公表した昨年11月分の機械受注統計(季節調整値)によると、代表的な指標「船舶・電力をのぞく民需」が8548億円と前月より1.5%増えた。半導体関連やネットワーク向けの受注が伸び、2カ月連続の増加。前回の緊急事態宣言が出る直前の3月(8547億円)の水準を上回った。製造・非製造業ともに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも