[PR]

 本能寺の変(1582年)で主君織田信長を討った明智光秀の家臣の一人、明智弥平次秀満(やへいじひでみつ)をめぐる新説が出てきた。秀満は、本能寺の変の直後に起きた山崎の戦いで光秀が豊臣秀吉に敗れた後、馬に乗って琵琶湖を渡り、対岸まで逃れたとする「左馬助(さまのすけ)の湖水渡り」の伝説で知られる。これまで左馬助は秀満の通称とみられてきたが、このほど詳しく調査された「乙夜之書物(いつやのかきもの)」(金沢市立玉川図書館近世史料館所蔵、3巻本)には、二人は別人として書き分けられていた。

 「乙夜之書物」は江戸時代前期、加賀藩(現在の石川県と富山県の一部)の兵学者だった関屋政春(せきやまさはる)が、古老らから聞き取ったエピソードなどを書き残した自筆本。光秀と家臣をめぐる記述は、本能寺の変から87年後の1669年に成立した上巻にあり、富山市郷土博物館主査学芸員の萩原大輔さん(日本中世史)が、読み解いて明らかにした。

 光秀の旧臣で加賀藩士の進士作左衛門が語った内容として、光秀の家臣たちの領地の規模(収入)などが書かれている。その中では「弥平次」は石高(こくだか)1万5千石で光秀のおい。「左馬助」は石高5千石で光秀の「御モツ立」と記され、二人は別人として書き分けられている。萩原さんによれば、「御物立(おもつだち)」とは加賀藩内で使われた呼び方で、幼いころから主君のそば近くに仕えた人物を示す。左馬助は光秀の側近だったとみられる。

 さらに、山崎の戦いで明智軍が敗れた後の家臣の動きについても、光秀重臣の斎藤利三(としみつ)の三男の利宗(としむね)が、おいで加賀藩士の井上清左衛門に語った内容として、次のように記される。

 左馬助は山崎の戦いで安土城の守りを任されていたが、戦況を案じて安土を放棄し、戦場に向かおうと試みた。途中の大津で光秀の死を知り、琵琶湖の波打ち際を通って光秀の居城の坂本城(大津市)に逃れた。最終的に切腹に臨んだ時、名刀「不動国行(ふどうくにゆき)」は天下の名物なので、何の理由もなく(城の焼失によって一緒に)滅ぼし去るのは正しくないと、敵方に差し出してから城に火をつけた……。

 萩原さんは「安土城から坂本城へ移動した際、琵琶湖を小舟で渡ったのが弥平次秀満、湖岸の波打ち際を馬で駆け抜けたのが左馬助。二人を別人と考えた方が、残された史料を整合的に理解できる」とみる。

 本郷和人・東京大史料編纂(へんさん)所教授(日本中世史)は「弥平次と左馬助が別人と考えると、2人を巡る様々な史料の齟齬(そご)がきっちりとおさまる。非常に興味深い史料だと思う」と話す。(編集委員・宮代栄一)

<訂正して、おわびします>

 ▼15日付社会・総合面の明智光秀の家臣をめぐる新説の記事で、地図上の坂本城の位置がJR線の西側にあるのは東側の誤りでした。

こんなニュースも