(声)平和のバトン 弱い者から死に追いやる戦争

有料会員記事

[PR]

 主婦 坂嵜寛子(三重県 79)

 あの大戦の悲劇を体験している世代の人々が80歳を超えようとしている。その世代の一人として、若い人々に戦争の実態が伝わっていないことを憂えている。

 私の夫は終戦の年、10歳で神戸の大空襲に遭った。近隣の地区は壊滅状態で、黒こげの死体が転がっていた。それを目の当たり…

この記事は有料会員記事です。残り328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。