(声)平和のバトン 卒業アルバムに映る、学校の変質

有料会員記事

[PR]

 高校教員 藤中芳枝(愛知県 51)

 手元に古い卒業アルバムが3冊ある。戦時中、小学校教諭をしていた祖父の遺品だ。

 1941(昭和16)~43年に名古屋市内の同じ小学校で作られたそのアルバムからは、激化していく戦争と、そこにいや応なく巻き込まれ変質していった学校のありようを知ることができる。「尋…

この記事は有料会員記事です。残り328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る