(声)平和のバトン 家族で引き揚げ、その途上で父は

有料会員記事

[PR]

 無職 徳永勇(埼玉県 78)

 終戦翌年の夏、私たち一家は旧満州中国東北部)から引き揚げた。私は3歳。父母、姉、兄3人、赤子の妹との8人家族だった。

 舞鶴港に上陸、父の郷里・熊本を目指し、乗り換えの京都駅でホームへの階段を下っていた時だ。布団袋をほどいて縫った大きな紫色のリュックを背負い、その…

この記事は有料会員記事です。残り294文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る