(声)平和のバトン 被爆伝承の大切さ、中断で実感

有料会員記事

[PR]

 主婦 小泉喜代子(広島県 77)

 新型コロナウイルスの影響で広島平和記念資料館は昨春に約3カ月間休館になり、平和学習のガイドや被爆体験の伝承活動が中断した。資料館は6月に再開され、私も秋からガイド活動に戻った。

 平和公園で私の娘と同じ50代の女性を案内したとき、その女性は「広島と長崎のどちらが…

この記事は有料会員記事です。残り289文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る