CO2ゼロ「めど立たず」 日鉄・橋本社長、カーボンプライシングに反対

有料会員記事

[PR]

 菅義偉首相が掲げた2050年の温室効果ガス「実質ゼロ」について、鉄鋼最大手、日本製鉄の橋本英二社長は「(実現の)めどは立っていない」としつつ、削減に向けた研究開発を「本格化させる」と述べた。二酸化炭素(CO2)の排出に価格をつけて削減を促すカーボンプライシングの導入は、同社にはコスト増につながり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。