大学生の内定率82.2% 12月、落ち込み幅が縮小 緊急事態の影響懸念

有料会員記事

[PR]

 今春卒業予定の大学生の就職内定率は、昨年12月1日時点で82・2%だったと厚生労働省文部科学省が15日、発表した。前年同期からの落ち込み幅は4・9ポイントで、前回10月1日時点の7・0ポイントから縮小した。新型コロナウイルスの影響による採用選考の遅れが回復してきたとみているが、2度目の緊急事態宣…

この記事は有料会員記事です。残り847文字有料会員になると続きをお読みいただけます。