電力逼迫、新電力を支援へ 経産省、卸売価格の高騰受け

有料会員記事

[PR]

 寒波で電力需給が逼迫(ひっぱく)し、電気の卸売価格が高騰している問題で、経済産業省は15日、新電力などの小売会社に対する支援策を発表した。新電力が事前の計画より多くの電気が必要になった場合に大手電力に支払う料金について、17日から1キロワット時あたり200円を上限とする。

 新電力の多くは、電気を…

この記事は有料会員記事です。残り317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。