(経済ファイル)「魚民」「白木屋」など61店閉店へ

有料会員記事

[PR]

 居酒屋大手のモンテローザは15日、新型コロナ禍と営業時間の短縮要請で店舗の維持が困難になったとして、東京都内の61店を閉めると発表した。対象は「魚民」「白木屋」「笑笑」「千年の宴」などで、都内337店の2割弱にあたる。対象店舗で働く正社員90人、アルバイト750人は他店への配置転換で雇用を維持する…

この記事は有料会員記事です。残り161文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る