(経済ファイル)全トヨタ労連、春闘方針を決定

有料会員記事

[PR]

 トヨタ自動車系の314労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会(組合員数約35万7千人)は15日、2021年春闘の要求方針を決めた。基本給のベースアップ(ベア)要求の目安額の提示をやめる。横並びの要求ではなく、各組合の主体的な要求を促す狙い。コロナ禍で業績が厳しいなどの事情でベア要求しない組合も容認…

この記事は有料会員記事です。残り3文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る