強制不妊、3度目「違憲」 「家族構成の自由侵害」請求は棄却 札幌地裁判決

有料会員記事

[PR]

 旧優生保護法の下で不妊手術を強制されたのは違法だとして、札幌市の男性(79)が国に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、札幌地裁であった。広瀬孝裁判長は「家族構成について意思決定の自由を侵害した」などとして、旧法が憲法24条に反するとの初判断を示した。手術から20年の除斥期間の経過を理…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。